税金だけでなく経営改善全般に関する情報発信を行います。


by sakatacpa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

兵庫ブルーサンダース野球教室

先日、息子の付き添いで兵庫ブルーサンダース野球教室に行ってきました。
兵庫ブルーサンダースを簡単に説明しますと、近畿圏内にある独立リーグに所属する野球チームで、三田市に本拠地を持ち、選手達はプロを目指して、アルバイトをしながら野球をしています。
地域密着の市民球団として、三田市近辺の行事に積極的に参加され、三田市民から広く愛されているチームです。
その地域密着の一環として中学生までを対象に平日の夕方に野球教室を開いているのです。
野球教室のコーチは元阪神の池内監督と元巨人の山崎コーチです。
池内監督は私の中学時代にリリーフエースでした。
さて、今回私が参加したのは、先週の日曜日に息子とバッティングセンターへ行ったのですが、2人とも当たらず、息子にバッティングを教えるためのコツを教えてもらうためでした。
山崎コーチが子供たちを連れて外野でウォーミングアップをしている最中に、池内監督にバッティングセンターの出来事をそれとなく話したところ、何と私に手取り足とりバッティングを教えてくれました。
運動不足の中年の堅い体では、中々覚えられないのですが、それでも根気よく教えてもらい、これで次は当てられそうだなと厚かましい期待を抱きました。
私自身、スポーツをやらなかったので、息子にはスポーツを通じて心身を鍛えていくことの大切さを知ってほしいと思う今日この頃です。
そのためには、優れた指導者が必要で、私はこの野球教室は素晴らしいと感動しております。
また、6月9日の日経新聞の夕刊に、同じ独立リーグの神戸サンズのマック鈴木さんの記事があり、そこにいいことが書かれていました。
「今の選手は失敗を恐れすぎている。失敗しても、それを糧にしてやり直せばいいくらいの図太さが必要だ。」
この言葉は若い者だけでなく、私のような中年にも必要だと思いました。
(子供が主役の野球教室で、付き添いの親が野球を教えてもらうという図々しさと図太さは別ですが)
まだまだ、書き足らないのですが、これからも折に触れて感想をご紹介したいと思います。
[PR]
by sakatacpa | 2011-06-14 22:17 | その他