税金だけでなく経営改善全般に関する情報発信を行います。


by sakatacpa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12月2日に平成23年度税制改正第2版が施行されました。
震災の影響で、通常なら3月中に成立していたものが、6月に震災対策として第1版が施行され、今回は当初予定されていた内容の1部が実施されたような改正です。
改正の内容は税率の引下げがメインで、新聞紙上では小幅な改正と扱われていますが、実は上場会社などの資本金5億円以上の大企業にとっては、繰延税金資産の計算に大きな影響があるのです。
1.繰延税金資産を計上するに当たって、実効税率が現状41%としていたものが税率が引き下げられることにより、38%へと3%も減少する。
2.繰越欠損金控除限度額が毎期の所得の80%に縮小されたことにより、繰延税金資産計上枠が縮小する。
3.新聞ではあまり取り上げられていませんが、貸倒引当金の廃止です。これは会社によっては、1及び2より大きな影響があります。税金計算上、今まで認められていた貸倒引当金が段階的に廃止されるため、会社にとっては税金が増えるのです。
これらの改正は3月決算でしたら、2011年12月を期末とした第3四半期から適用されます。
従って、第3四半期決算発表では下方修正が予想される会社の株価に注意が必要となりそうです。

よろしければ、このHPもご覧下さい。
大阪・神戸の人事労務に強い税理士 坂田公認会計士事務所

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほん
ブログ村

[PR]
by sakatacpa | 2011-12-14 17:12 | 税金
中小企業のための海外展開支援セミナーに参加して
昨日、尼崎商工会議所が主催する「中小企業のための海外展開支援セミナー」に参加しました。
海外進出先として東南アジアについて解説され、大きく2部構成です。
前半はコンサル会社からの東南アジア進出における全般的な留意点、そして、後半は実際に東南アジア進出を果たされて3人の社長の話でした。
私は、特に後半の社長の話に引き込まれました。
経営資源の限られた中小企業が海外進出するには、家族ぐるみの付き合いが出来る程の現地パートナーが必要であること、また、現地の活気はすごく、毎日がビジネスチャンスであることなど、実体験に基づいた話に思わず引き込まれました。
そして、海外進出の考え方は、“日本が老舗で、海外が新店という位置付け”となり、海外で成功することで、日本も元気になるという相乗効果が期待できることです。
私も毎日がビジネスチャンスとなることを願い、このセミナーでいただいた元気を失わないよう頑張っていこうと誓いました。

よろしければ、このHPもご覧下さい。
大阪・神戸の人事労務に強い税理士 坂田公認会計士事務所

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほん
ブログ村

[PR]
by sakatacpa | 2011-12-08 15:40 | その他