税金だけでなく経営改善全般に関する情報発信を行います。


by sakatacpa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「介護事業の売上増加方法」

こんにちは。坂田公認会計士事務所 所長の坂田正一郎です。
「これからの介護事業を考える」シリーズとして、今回は「介護事業の売上増加方法」について、成功事例を参考にお話したいと思います。
介護事業は国の介護保険制度の基に運営されており、売上の基本的要素である単価は決められています。
そのため、売上を増やすには量の面である ①利用者人数の増加、②利用回数の増加の2要素から考えていく必要があります。
まず、①の利用者人数の増加に関して費用対効果の大きいものとして、ケアマネージャーとの連携、利用者の口コミ、地域に的を絞った広告の順となります。
次に、②の利用回数の増加は、要介護度の上昇を伴うもので、ケアマネージャーの承認なしでは難しいと考えて下さい。
いずれにせよ、①の利用者人数を増加させるには事業所の信頼が前提となりますので、常に介護の品質を向上させることを意識していかねばならないことになります。

詳しくお聞きになりたい方は坂田公認会計士事務所までご連絡下さい。
よろしければ、このHPもご覧下さい。
大阪・神戸の経営改善に強い税理士 坂田公認会計士事務所
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほん
ブログ村

[PR]
by sakatacpa | 2013-09-13 22:43 | 介護事業